Background Image

キャッシングで「総量規制外」をよく聞く理由

Home  /  キャッシング  /  キャッシングで「総量規制外」をよく聞く理由

キャッシングで「総量規制外」をよく聞く理由

総量規制外」という言葉を良く聞くようになりました。これは多重債務者や自己破産を行う人が増えてきているため、お金を借りることができる上限を定めて多額の債務に苦しむ人を減らすために「総量規制」が定められました。法律が改正されたことによって「年収の3分の1までしかお金を借りることができない」ようになってしまったためです。300万円の年収がある人は100万円までしかお金を借りることができなくなりました。そのため、高額のお金が必要な場合、総量規制内の会社ではキャッシングすることができなくなってしまったことが理由です。
総量規制とはそもそも貸金業法によって定められたもので、消費者金融やキャッシュカードなど、お金を貸すことが業務となっている会社が貸金業と言われ、それらの会社に対して適応されるのが貸金業法です。貸金業者では100万円しか借りることができないけれどもっとお金が必要だという場合には総量規制外のところからキャッシングすれば年収の3分の1以上の借り入れも可能になります。
総量規制外でお金を貸してくれるところと言えば、代表的なものが銀行です。銀はお金を貸すことではなく個人や会社からお金を集め、そのお金を必要なところに融資するという業務をおこなっているので総量規制の対象となる貸金業者ではないのです。そのため、年収の3分の1以上のお金が必要となった場合には総量規制外である銀行や信金などの総量規制の対象とならない会社からキャッシングをすることができます。

Comments are closed.